文化通信ジャーナル

バックナンバー

文化通信ジャーナル2018年5月号

この記事をSNSでシェアする
文化通信ジャーナル2018年5月号の表紙
文化通信ジャーナル2018年5月号の表紙

映画・放送・音楽の業界誌「文化通信ジャーナル」
2018年5月号
発売日:2018年4月末発売
価格:1,700円(税抜・送料込)


【特集】
大きく変貌する街 東宝の「日比谷」戦略
山下 誠 取締役不動産経営担当/瀬田一彦 取締役(TOHOシネマズ社長)

【インタビュー】
『海を駆ける』深田晃司監督
国際共同製作を続けるわけ
“日本の価値観に外国の価値観をぶつけるのは楽しい”

【インタビュー】
髙綱康裕 (株)プレミアム・プラットフォーム・ジャパン 代表取締役社長
動画配信サービス「Paravi(パラビ)」4月開局
毎日訪れたくなるプラットフォームを目指す

【気になる動向】
映画とVRの可能性

【特集】
日本で4年目の開催、過去最多6万8千人来場
KCON総括企画担当者、今後の展望など語る

【インタビュー】
花田康隆 (株)プレシディオ 代表取締役
「創立20周年」―映画配給とV−NAVI 両輪に―

■記者座談会
アニメが上位3本、昨年と全く同じ結果に
2018年春興行、トップは「ドラえもん」

■ひと
原田健秀(岩波ホール勤務/絵本作家/ピロスマニ・グルジア研究家)
今年10月には「ジョージア(グルジア)映画祭」開催

■アルバムは語る
船堀映画祭 熟成の季節へ
元東京楽天地 桑原充人

■岡田光由のハリウッド フォーカス
映画業界の将来を考えさせる
ネットフリックスとカンヌの冷戦

■関根忠郎の映画業界一意専心
「仁義なき戦い」を起点として、
映画「孤狼の血」が打ち出すもの。

■室井實のTV WATCH
ゴールデンに鎮座する
『この差って何ですか?』(TBS)

■渡邉裕二の芸能事件簿 見聞録
第38弾 普通のオバさんに 都はるみ引退宣言

NEWSダイジェスト
《映 画》《放 送》《ビデオ》《音 楽》

資料の頁
●配給会社別 公開作品
●2018年配給会社月別興収
●在京TV各局「劇映画」視聴率一覧
●民放キー局「長時間ドラマ」視聴率
●2018年2月レコード生産実績
●オリコン作品別ベストセラー(月間売上枚数)順位表
●2018年2月度ビデオソフト売上速報

■文化ライタース

購読のお申込みは、雑誌オンライン書店「Fujisan.co.jp」内の「文化通信ジャーナル」ページで受け付けています。バックナンバーも閲覧・購入できます。

この記事をSNSでシェアする