閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

Amazon松本人志新番組、ドキュメンタルに続くバラエティ「FREEZE」配信

芸能エンタメニュース

最新記事

Amazon松本人志新番組、ドキュメンタルに続くバラエティ「FREEZE」配信

2018年09月10日

 Amazonプライム・ビデオは、ドキュメンタルに続く松本人志の新番組「HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE(フリーズ)」の見放題独占配信を9月19日(水)より開始する。全5話、毎週水曜1話ずつ配信。

 今回は、参加者8名が「氷の塔」へ集結。この塔の中で参加者を襲う数々の仕掛けに驚くことなく、戸惑うことなく、微動だにせず耐え抜いた者が優勝するというバラエティ企画。タイトルの「FREEZE」とは、英語訳で"止まれ"、"動くな"を意味し、「FREEZE」と掛け声がかかったら参加者は何があっても一切の動きを停止しなければならない。仕掛けに耐え抜き静止状態をキープできた人のみ次のステージへ進むことができ、最後まで動かなかった参加者が優勝となり、賞金100万円を獲得する。動いてしまった人は次のステージに上がることはできないが、最後に用意されている敗者復活戦を勝ち抜いた1人は決勝へ進出することができる。

 この企画に挑むのは、岩尾望(フットボールアワー)、クロちゃん(安田大サーカス)、しずちゃん(南海キャンディーズ)、鈴木奈々、ダイアモンド✡ユカイ、藤本敏史(FUJIWARA)、ボビー・オロゴン、諸星和己の8名。風、水、火、生物をはじめとするあらゆる試練に耐え、一切動かないでいられるのは果たして誰か…。

 また、10日より配信開始となった、緊急特番「新企画の全貌、ついに解禁」では、松本人志がいかにしてこの企画に至ったのかを語る。

▼松本人志コメント=今回の企画は、ドキュメンタルと対照的で、何もアクションを起こさない者が勝つ仕組みです。笑いというのは、〝緊張〟と〝緩和〟から生まれるものだと思いますが、今回の企画はその最たるものかもしれません。ドキュメンタルと違って芸人さん以外が参加しているのも特徴の1つで、他にもお笑いでは使われていない仕掛け、たとえば最新のテクノロジー機器も導入しています。あんまり僕が手応えあるあるというとそんなによろしくないので、相当いいと思います、ぐらいにしておこうかな。
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

過去のタイトル一覧

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月