インタビュー

写真

 映画館で上映されるCM「シネアド」の効果性・優位性・独自性などのメディア価値を、リサーチをもとに研究する日本初の非営利団体「一般社団法人デジタルシネアド・コンソーシアム」(DCAC)がこのほど設立された。海外ではシネアドの売上が年々上昇している一方で、日本ではその効果の高さに反し、企業からの認知度はまだ低い。DCACでは、シネアドに関する調査を行い、効果を数値で具体的に表すことにより、日本でのさ

エンタメ・トピックス

写真

※本記事は、2018年4月末発売「文化通信ジャーナル」18年5月号に掲載された特集の一部を抜粋したものです 東京・日比谷に広がる街の風景が、3月末から様変わりしている。その中心的役割を果たしている企業が2社ある。三井不動産、そして東宝である。 旧日比谷三井ビル、三信ビル跡に三井不動産が建設した高層ビル、東京ミッドタウン日比谷が3月29日に開業。三井不動産の大型宣伝もあって、オープン初日は話題の施設

文化通信コラム

写真

 大ヒットスタートだったが、トーンダウンした。「劇場版 Fate/stay night[Heaven's Feel] Ⅰ.presage flower」(長い)のことである。同作品は、先々週の10月14日から公開され、14、15日の2日間で全国動員24万7507人・興収4億1303万0620円を記録した。上映館数は、何と128館に過ぎない。すごい数字である。 ただ、2週目の10月21、22日は、1