閲覧中のページ:トップ > 映画ニュース >

サンセバスチャンに日本人で史上最年少出品

サンセバスチャンに日本人で史上最年少出品

2018年07月13日
 1996年生まれの新鋭・奥山大史(22歳)が脚本、監督、撮影、編集を手掛けた長編映……

この記事の全文は「日刊文化通信速報(日刊紙+Web)」の定期購読者のみ閲覧できます。