閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

平成の松山千春を探せ! 自叙伝舞台化で主演一般公募

芸能エンタメニュース

最新記事

平成の松山千春を探せ! 自叙伝舞台化で主演一般公募

2011年11月30日

 シンガーソングライターの松山千春が、来年夏に自叙伝「足寄より」を舞台化し、主演には一般公募で新人を抜てきすることになった。松山が来年デビュー35周年を迎えるのを記念した企画で“平成の千春”をファンも参加して選び出す。

 「足寄より」は、松山が1979年に弱冠23歳で書き下ろしたもの。北海道から上京しデビュー2年で一躍スターダムにのし上がった青年が、自身の生い立ちをつづり、70万部超のベストセラーになった。今なお不朽の名作として語られる。

 2006年には朗読によるドラマCD化され、2008年には「旅立ち ~足寄り」のタイトルで映画化もされた。CD版では塚本高史、映画版では大東俊介と人気の若手俳優が松山役を演じ注目を集めた。

 新しい舞台版では、主演をあえて一般から募りニューフェイスを見出す。18歳から23歳までの平成生まれの男性なら誰でもエントリー可能で、ギター1本で聴かせる歌唱力、そして高い演技力が求められる。ファンも審査に参加予定で、松山を彷彿させる話術など個性も重要なポイントとなる。応募締切りは、松山のデビュー記念日にあたる来年1月25日。

 舞台は、松山とその生みの親である北海道のSTVラジオ竹田健二ディレクターとの出会いと別れを描いた青春群像劇。文化通信社の創立60周年記念事業として、来年夏に都内の劇場ほかで公演予定。オーディション詳細は「文化通信.com」内特設ページ(http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?bc=1&id=1440)で。

※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連記事

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月