閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

黒木瞳も共感“同窓会恋愛”流行る? テレ朝ドラマ「同窓会」会見

芸能エンタメニュース

最新記事

黒木瞳も共感“同窓会恋愛”流行る? テレ朝ドラマ「同窓会」会見

2010年04月19日
 “同窓会恋愛”がブームになるかも!? 女優の黒木瞳も「ファーストラブとラストラブの中間にあるラブ。欲しい気持ちはわかるかも……」と共感した。19日、主演するテレビ朝日系新ドラマ「同窓会~ラブ・アゲイン症候群」の発表会見が都内のテレビ朝日本社で行われ、共演の高橋克典、斉藤由貴、三上博史とともに出席。ドラマのテーマとなる同窓会恋愛に話の花が咲いた。

 高橋が「(自分の周りは)ちょうど子育てが一段落したころで、同窓会がまさに流行ってる。人が仕事してる時に酒飲んで電話をかけてくるんだよ」と同窓会事情に明るいところをみせると、三上は「(同級生として)ハードルなく会えるからそのままツルツルっと(恋愛に)いく可能性もあるよね」と笑わせた。一方、斉藤は「私は学生時代に未練がないし、旦那に忠誠を誓ってる。同窓会恋愛って謎ですね」とキッパリ。

 失業中の夫と2児を抱えパートに汗する主婦(黒木)、家庭を顧みない警視庁の刑事(高橋)、ヒルズ族の旦那を持ち勝ち組に浸る専業主婦(斉藤)、自由で軽薄に暮らす離婚寸前の週刊誌編集長(三上)、ドラマはかつて中学校の同級生だった45歳の男女4人が同窓会で再会し、予想外の恋愛関係に陥っていく。

 フジテレビ系「白い巨塔」や日本テレビ系「14才の母」など多数のヒットドラマを生み出してきた井上由美子によるオリジナル脚本。ハードな役に頭をひねる黒木らキャスト4人を前に、井上は「(主婦が)ちょっと冒険してまた帰ってきてしゃんしゃんという話にはしない。ありきたりな不倫ドラマじゃないからね」と宣言。キャストからは思わずどよめきが起きた。

 「同窓会 ~ラブアゲイン症候群」は、4月22日より毎週木曜夜9時放送。初回は15分拡大。
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。


過去のタイトル一覧

2021年

2月│ 3月│ 4月

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月