閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

鳥羽一郎や友和・百恵夫妻の長男ら“平成の千春”役最終候補に

芸能エンタメニュース

最新記事

鳥羽一郎や友和・百恵夫妻の長男ら“平成の千春”役最終候補に

2012年03月01日

 フォークシンガー・松山千春の自伝的小説を舞台化する「旅立ち -足寄より-」(今夏上演予定)の主演オーディション最終候補に、大物芸能人の息子3人が残っていることがわかった。

 3人は、鳥羽一郎の長男・木村竜蔵(23)、三浦友和と百恵さん夫妻の長男・三浦祐太朗(27)、ラテンバンド「ロス・インディオス」に初代女性ボーカルとして参加した故・シルヴィアさんの長男・中山貴大(きだい=20)。ほか6名の最終候補者とともに、3月3日に都内で行われる最終オーディションで“平成の千春”役の座が競われる。

 舞台は松山のデビュー35周年にあわせて企画されたもの。主人公の松山役は、ギターの弾き語りができ、舞台演技もできるニューフェイスの発掘を目指し、昨年末からプロ・アマ問わず一般公募。全国から823人の応募があった。現役アーティストや俳優、タレントの“2世”からのエントリーも多数あったというが、書類審査、事前ライブ審査などを経て、このほど最終選考に進む9人が決まった。

 鳥羽の長男・木村竜蔵は、高校在学中からソロ歌手として活動し、父との親子共演も果たしている。また、松山のコンサートに飛び入り出演したこともあるほどの“千春ファン”。今回合格すれば、満を持して本人役を演じることになる。

 三浦友和・百恵さん夫妻の長男・三浦祐太朗は、2008年にロックバンドのボーカルとしてメジャーデビュー。現在はバンドを離れソロ活動をしているが、その音楽的才能は折り紙つき。今回の募集規定は“23歳以下”だったが「演奏能力が高く、捨てがたい」と評価され、特例で審査を通過した。本格的な演技経験はないが、俳優として活躍中の弟・三浦貴大(たかひろ)と同様に、両親から受け継いだ未知の可能性を秘めている。

 さらに、かつて「ロス・インディオス&シルヴィア」として大ヒット曲「別れても好きな人」を生みだし2010年に他界した故・シルヴィアさんの長男が中山貴大。シルヴィアさんの後にロスインディオスに参加し、その後は芸能レポーターに転身した嵯峨聖子が、彼を推薦しているほど。“異色の2世”は、天国に吉報を届けられるか。

 最終選考には、この3人のほかにも、グループやソロでライブ活動を重ねてきた強者らが選ばれており、ギター弾き語りと演技による最終審査で松山役が選ばれる。

 舞台の原作は、松山が1979年に当時23歳で書き下ろした小説「足寄より」。2006年にはドラマCD化、2008年には映画化されており、ドラマCDでは塚本高史が、映画では大東俊介が、それぞれ松山役を演じた。

※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月