閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

涙で再出発の小林幸子、紅白諦めない 衣装は「頭の中にある」

芸能エンタメニュース

最新記事

涙で再出発の小林幸子、紅白諦めない 衣装は「頭の中にある」

2012年09月27日

 演歌歌手の小林幸子が27日、都内で会見を開き、インディーズの自主レーベル「Sachiko Premium Records(サチコ・プレミアレコード)」発足と新曲「茨の木」の10月17日発売を発表した。所属事務所をめぐるトラブルでレコード会社との契約が解除、独力で再出発。新曲の作詞作曲を手がけた、さだまさしの温かい応援コメントに涙を浮かべ「(さだ)お兄ちゃん、ありがとう……」。昨年まで33回連続で出場しているNHK紅白歌合戦も「この曲で出していただけたら」と諦めず、恒例豪華衣装も「頭の中にあります」と話した。

 デビュー50周年を前にした演歌界の大ベテランが、「やっと、やっと、本当にやっと、新曲を出すことができます。曲を出すのがどれだけ大変なことかを知りました」と涙ながらに話した。1年4カ月ぶりの新曲リリースは、苦節の末、レーベル設立という一からの挑戦に。「大変なことはたくさんあるけれど、見守ってほしい」。レーベル名は“Premium(特別)”な歌を届けたいという思いからつけた。「歌に対する姿勢はこれからも変わりません」と力を込めた。

 プレ50周年記念楽曲となる新曲「茨の木」は、かねて兄のように慕ってきた、シンガーソングライター・さだが作詞作曲を買って出た。さだは会見に「坂道の向こう側で、彼女が出会うものは、是非とも『幸福』であって欲しい」「この歌が、彼女自身の新しい門出へのエールとなりますよう心から祈っています」とコメントを寄せ、小林を感涙させた。

 「耐えて 耐えて 耐えて 生きて 生きて 生きて それでも笑えたら良いね」というサビが印象的な応援ソングは、小林自身の境遇を想起させる。小林は、「お兄ちゃんは恩人です」とさだに感謝を示し「デモテープを聞いて号泣しました。茨の人生を歩む者の代表として歌いたい」と誓った。

 10月のCDリリースで、NHK紅白歌合戦に向け大きなアピールになる。「選んでいただけたらすごく嬉しいです」。会見場の背景には紅白をイメージさせるオレンジと白のパネルが用意され、多数集まった報道陣には紅白まんじゅうが配られた。
 
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2021年

2月│ 3月│ 4月

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月