閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

「家政婦のミタ」5冠獲得!…もまさか主演女優賞のがす

芸能エンタメニュース

最新記事

「家政婦のミタ」5冠獲得!…もまさか主演女優賞のがす

2012年10月23日

 世界を視野に、優れたドラマを表彰する「東京ドラマアウォード2012」授賞式が22日、都内で行われ、昨年10月クールに放送され最終回で視聴率40%をたたき出した日本テレビの大ヒット作「家政婦のミタ」が最多5冠に輝いた。連続ドラマ部門グランプリ、アジア賞、脚本賞、プロデュース賞、助演男優賞を獲得。しかし、大本命の主演女優賞ではまさか受賞をのがした。
 
 主演女優賞を手にしたのは、NHK朝ドラ「カーネーション」での好演が光った尾野真千子。「家政婦のミタ」の脚本家・遊川和彦氏は、自身の脚本賞受賞の喜びもそこそこに「うちの主役(松嶋菜々子)が賞をとれなかったのが本当に残念! 」と悔しさをにじませたが、選考には納得で「尾野さんはやっぱり素晴らしかった」。祝福を受け、尾野は「本当に嬉しい。『カーネーション』は人生を変えてくれた宝物」と感慨深げにトロフィーをかかげた。

 「東京ドラマアウォード」は、今年で5回目の開催。「国際ドラマフェスティバル in TOKYO」のメインイベントとして、民放、NHKを問わず、市場性、商業性にスポットを当て“世界に見せたい”日本ドラマを表彰するほか、諸外国の秀作も紹介する。年々、アウォードとしての知名度が高まり、ドラマ関係者の晴れ舞台として定着した。

 テレビ、ドラマ離れが叫ばれる中、「ミタ」ブームを巻き起こし、日本ドラマの可能性を知らしめた遊川氏は「頑張れば必ず良いドラマが作れる。奇跡は起こせる」と熱弁。その奇跡の渦中を演者として経験した長谷川博己は「放送から1年経った最近でも、町を歩くと『(役柄の)ダメなお父さんの人だ!』って言われますね」と笑わせていた。


【「東京ドラマアウォード2012」受賞一覧】

連続ドラマ部門グランプリ=「家政婦のミタ」(日本テレビ)
同優秀賞=「カーネーション」(NHK)、「妖怪人間べム」(日本テレビ)、「リーガル・ハイ」(フジテレビ)、「それでも、生きてゆく」(フジテレビ)、「贖罪」(WOWOW)

単発ドラマ部門グランプリ=「明日をあきらめない…がれきの中の新聞社~河北新報のいちばん長い日」(テレビ東京)
同優秀賞=「砂の器」(テレビ朝日)、「ブラックボード~時代と戦った教師たち」(TBS)、「SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~翔」(TBS)

アジア賞=「家政婦のミタ」(日本テレビ)

主演男優賞=堺雅人「リーガル・ハイ」
主演女優賞=尾野真千子「カーネーション」
助演男優賞=長谷川博己「家政婦のミタ」
助演女優賞=杏「妖怪人間べム」
脚本賞=遊川和彦「家政婦のミタ」
プロデュース賞=大平太「家政婦のミタ」
演出賞=黒沢清「贖罪」
演出賞=田中健二「カーネーション」

特別賞=市川森一、「坂の上の雲」チーム

ローカル・ドラマ賞=「約束~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯」(東海テレビ)、「あのひとあの日」(NHK佐賀放送局)

海外作品特別賞=「裸婚次代」(中国)、「根の深い木」(韓国)、「Roi Mai~絹の縁(えにし)~」(タイ)

※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2021年

2月│ 3月│ 4月

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月