閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

松山ケンイチ新境地! 初舞台で“セミ役”に挑む

芸能エンタメニュース

最新記事

松山ケンイチ新境地! 初舞台で“セミ役”に挑む

2012年11月20日

 俳優、松山ケンイチ初の舞台作品「遠い夏のゴッホ」の発表会見が20日、都内で行われた。松山は、2001年にモデルとしてデビュー以来、ドラマや映画で若き憑依型俳優として評価されてきたが、ついに初舞台を踏む。しかも、演じるのは虫の“セミ”役。新境地に「右も左もわからず緊張しているけれど光栄なこと」と武者震い。そして「全力で役に向き合いたい」と力を込めた。

 NHK大河ドラマ「平清盛」主演として、2012年を走り切った松山。2013年もスピードを緩めることなく、初めて舞台に挑戦する。憧れていたという西田シャトナー作・演出のオリジナル劇。「絶対に(共演者やスタッフの)足を引っ張ると思う」と笑わせながらも、「是非やらせたいただきたかった」。西田氏から「天才」と太鼓判を押され、「期待に応えたい」と誓った。

 舞台は、セミの一生をモチーフにした異色のラブストーリー。松山が演じるのは、主人公となるセミの少年ゴッホ。希代の憑依型俳優もセミ役はもちろん初めて。「入念に話し合いながら、生き物らしさを見つけ出していきたい」と言い、「この作品に惹かれたのは人間が考えるのとは違う死生観が描かれているから。観客にない価値観を大事にして演じたい」と話した。

 物語で、セミの少年ゴッホは、セミとしての運命に逆らい愛を貫こうとする。松山も「なんでも運命という言葉で片付けてしまうとつまらない」。自宅に出現するゴキブリからも影響を受けると言い、「飛びかかってくるとき、炎が見えるんです。僕も演技をしているときはそういう(炎を出せそうな)感覚に陥ることがある。それをゴッホ役に影響させていけたら」と話した。

 共演の美波は「松山さんと会うのは6年前にワークショップで一緒になって以来。とても楽しみ」と笑顔を見せ、筒井道隆は「普遍的な重いお話のようで、とてもコミカル。楽しみにして」とアピールしていた。東京公演は来年2月3日~24日に赤坂ACTシアター。3月7日~10日に大阪・新歌舞伎座でも公演する。

 
 

※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月│ 3月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月