閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

石原さとみ、井上ひさしさん遺作再演に気合い「大切に演じる」

芸能エンタメニュース

最新記事

石原さとみ、井上ひさしさん遺作再演に気合い「大切に演じる」

2012年12月06日

 女優の石原さとみが6日、舞台「組曲虐殺」(12月7日~30日/東京・天王洲 銀河劇場)の公開稽古に臨み、2010年に死去した劇作家・井上ひさしさんの遺作再演に気合いを込めた。共演者らが「井上先生は毎日劇場に見に来てくれるはず」と天国に向かって話すなか、「先生が命を削ってつむがれた言葉を大切に演じる」と誓った。

 同作は、2009年10月に初演。その半年後に井上さんはこの世を去った。井上さんの生誕77年の今年、「井上ひさし生誕77フェスティバル2012」を締めくくるプログラムとして、石原らキャストそのままで再演される。

 遅筆で知られた井上さんとあって、初演時は台本が完成したのが初日の4日前だったという。3年前を振り返り、石原は「バタバタで、気持ちも体もついていくだけで精いっぱいだった」。それだけに「どうしても再演したかった。ついにやってくる」と、翌日に迫った本番に期待をにじませた。

 拷問の末に死去した、日本プロレタリア文学の旗手・小林多喜二の人生最後の2年9カ月を描く物語。タイトルには「虐殺」とあるが、世界的ジャズピアニスト・小曽根真の演奏に乗せた歌が劇中をにぎわせ、笑顔もあふれる舞台になっている。主人公・多喜二役は井上芳雄が演じ、ほか共演に山本龍二、山崎一、神野三鈴、高畑淳子ら。
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月