閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

ベッキー“教授”の講義、受講希望殺到 熱血講義&美声に700人感激!

芸能エンタメニュース

最新記事

ベッキー“教授”の講義、受講希望殺到 熱血講義&美声に700人感激!

2012年12月13日

 アーティストのベッキー♪#が12日、母校の亜細亜大学(東京都武蔵野市)で1日教授を務めた。ニューシングル「MY FRIEND ~ありがとう~」の同日発売を記念した催し。芸能界で活躍する大先輩の貴重な講義を受けようと、講堂は立ち見含め学生700人が集まりパンパン。“ベッキー教授”は、他人に感謝することの大切さを説き、大切な人への「ありがとう」の想いを込めた新曲を披露。熱血講義と美しい歌声で、集まった学生たちを感激させた。
 
 ベッキー♪#が、後輩たちに向け熱弁をふるった。「人生でどれだけ多くのことに『ありがとう』と思えるかが大事。苦しくて感謝の気持ちがなかなか生まれないときでも、心ではなくよく頭で冷静に考えて『嫌なことも学べて勉強になった。ありがとう』とプラスに受けとめてほしい」。また「私はハッピーなイメージで見られるけれど、いつも最低の結果を先に考えているの。それを上回れば『ありがとう』になる」と話した。

 質疑応答では、学生たちの家族・友人関係、進路、そして恋愛の悩みまで真剣に答えた。就職活動を頑張らないといけないけれどなかなか頑張れないという女子学生には「気合いが足りないね。このままだと後悔しか残らないよ」とビシッ。「他人と自分を比べて、自分の足りないところをしっかり書き出そう。今を多少犠牲にしてでも、未来の幸せをつかもうよ」とアドバイスを送った。

 そして、新曲「MY FRIEND ~ありがとう~」を熱唱。別れの曲だが「バイバイじゃなくて、お互いに新しい道を頑張っていこうという前向きな歌です」とアピール。歌手デビューから3年。今年は8年ぶりにまとまった休みをとり単身アメリカでボイストレーニングに励んだと言う。ファルセットやフェイクを織り交ぜながら情感たっぷりのバラードは、可能性無限大の若者たちにとってこれ以上ない応援歌になった。
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月