閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

小林幸子、50周年新衣装を披露 蛍になって暗闇照らし紅白復活へ

芸能エンタメニュース

最新記事

小林幸子、50周年新衣装を披露 蛍になって暗闇照らし紅白復活へ

2013年06月04日

 自ら蛍となり暗闇を照らす――。演歌歌手・小林幸子が4日、芸能生活50周年記念曲「蛍前線」の発売記念イベントを都内で行い、新曲をイメージした衣装を披露した。LEDで装飾した文字通りまぶしいドレス。昨年連続出場が途絶えたNHK紅白歌合戦とは「全然別のコンサート用」と言いながらも、「かなり早いですが、お話をいただけたら嬉しいということで」と笑顔を見せた。

 紅白で披露してきたものに比べると小ぶりながら、演出はさながら。ウェディングドレスばりの純白ドレスが、淡く発光したかと思いきや、あれよあれよとせり上がった。ドレスが広がり2万個のLEDが全点灯、きらびやかな輝きに。50周年記念の新曲「蛍前線」を体現。デビュー当時のマネージャーや活動を支えてきたファンクラブ会員らが見守るなか、半世紀を超えた先に広がる未来を、自ら明るく指し示した。

 50周年を前に昨年、自主レーベル(サチコ・プレミアレコード)を立ち上げ再出発。地道にサイン・握手会に励みファンとつながってきた。一方、インターネット発の「ニコニコ超会議2」に“ラスボス”として出演するなど以前とは異なる顔も見せている。「まだ言えないけれど、いろんな新しいオファーをいただいていて。出会いがすごくあって嬉しい」と話した。

 1964年に10歳で天才少女歌手としてデビュー。ヒット曲に恵まれない時代もあったが、1979年からおととしまで紅白に33年連続出場、豪華衣装を代名詞とした。迎えた半世紀の節目。これまでの出会いに感謝し「また新たにスタートします。いつからですか? 今でしょ!」と2013年の流行語で気合いを込めた。

 デビュー記念日の6月5日にリリースする「蛍前線」は、前作「茨の木」に続き、さだまさしが作詞作曲。50周年の集大成として、人々を優しく照らす蛍の光を歌い上げる。カップリング曲「おかあさんへ」も、さだが提供。プロデュースには、由紀さおり、ソノダバンドらを手がける佐藤剛氏を迎えた。小林は「みなさまに愛していただき、歌っていただき、大ヒットに結びつけたい」と精力的にアピール。

 6月13日から50周年記念コンサートツアーを開始。さらなる50周年豪華衣装を披露するという。
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月