閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

男女ユニットの新星Salley! 強豪押しのけUSEN上半期1位

芸能エンタメニュース

最新記事

男女ユニットの新星Salley! 強豪押しのけUSEN上半期1位

2013年07月10日

 男女2人組ユニット“Salley”のデビュー曲「赤い靴」が、USENの上半期J‐POPヒットランキングで1位に輝いた。新人ながら、長渕剛、FUNKY MONKEY BABYSらを抑えた。今後楽しみな2人は、都内で行われた表彰式で「たくさんの人が協力してくれたおかげ」と謙虚に喜んだ。

 ボーカルと作詞担当のうらら、ギターと作曲担当の上口浩平の2人で昨年結成。ユニット名はアイルランドの伝統音楽に由来。J‐POPの枠を超えた音楽性が魅力で、「赤い靴」は、5月29日のCD発売前からUSEN3冠を達成するなど、22週連続ランクインし堂々の上半期首位となった。

 アンデルセン童話「赤い靴」からインスピレーションを得た楽曲で、うららは「音楽をずっとやっていきたい。音楽という靴をぬぎたくないという思いを込めた」と話した。アニメ「トリコ」のエンディング主題歌としても人気。

 レコード会社ビクターエンタテインメントの斉藤正明社長が「通り一遍のプライオリティアーティストではなく、本当に自信を持っている」と言う逸材。7月31日にはタワーレコード限定シングル「green」を発売する。

 うららは「まだまだ未熟な2人。足りないところを補い合いながらもっと素敵な歌を届けたい。万人に受け入れられ個性も光るような、残る名曲を作っていきたい」と力を込めた。上口は「家にちょっとした防音スタジオを作れたら」と現実的な夢を明かし笑いを誘っていた。

「2013 上半期 USEN HIT ランキング」
【J‐POP】
(1)Salley「赤い靴」
(2)長渕剛「未来」
(3)秦基博「Girl」
(4)FUNKY MONKEY BABYS「ありがとう」
(5)CODE‐V「何度サヨナラを繰り返したら僕らは強くなれるの?」
(6)ナオト・インティライミ「恋する季節」
(7)TWIN CROSS「ただいま」
(8)クリープハイプ「憂、燦々」
(9)家入レオ「Message」
(10)ジャンク フジヤマ「シェダル」
【洋楽】
(1)オースティン・マホーン「セイ・ユア・ジャスト・フレンド feat.フロー・ライダー」
(2)ザ・ウォンテッド「グラッド・ユー・ケイム」
(3)ジャスティン・ティンバーレイク「スーツ&タイ feat.ジェイ・Z」
(4)テイラー・スウィフト「トラブル」
(5)アヴリル・ラヴィーン「ネヴァー・グローイング・アップ」
(6)ウィル・アイ・アム「スクリーム&シャウト feat.ブリトニー・スピアーズ」
(7)ティマティ&ラ・ラ・ランド「ノット・オール・アバウト・ザ・マネー feat.ティンバランド&グローヤ」
(8)ブルーノ・マーズ「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」
(9)インナ「クレイジー・セクシー・ワイルド」
(10)ボン・ジョヴィ「ビコーズ・ウィー・キャン」

※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2021年

2月│ 3月│ 4月

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月