閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

西内まりや、山本裕典とキス連発!初主演は歯磨きシャカシャカの日々

芸能エンタメニュース

最新記事

西内まりや、山本裕典とキス連発!初主演は歯磨きシャカシャカの日々

2013年08月06日

 モデルで女優・西内まりやが地上波連続ドラマに初主演するフジテレビ系「山田くんと7人の魔女」(8月10日~午後11時10分)のイベントが6日、東京・お台場で開催中の「お台場合衆国」ステージで行われた。真夏の太陽の下、西内が相手役の山本裕典と腕を組み“アツアツ”アピール。キスシーン連発がドラマの見どころで「控室にひとりひとりの歯磨きが用意されている。シャカシャカやってます」とはにかんだ。

 理想のキスを聞かれ、西内は「夏と言えば海。海でデートして、浜辺とか一緒に走って、夕陽が出てきた頃にチュッみたいな……」と妄想を膨らまし、「恥ずかしい」と頬を赤く。現実は毎日のようにキスシーンに挑む日々で、「山本くんが『俺、明日ニンニク食べてくるわ』とか言う」と頬を膨らますと、責められた山本は「もつ鍋を食べた日がありました」と白状していた。

 少し遅めに始まる夏の土ドラ。週刊少年マガジンで連載中の人気漫画の映像化で、西内演じる成績優秀なうららと山本演じる問題児の山田がキスすることで自在に入れ替わってしまう奇想天外な学園青春ラブコメディー。

 キスをキーワードに、物語はやがてキスすることで特殊能力を発動する“魔女”探しに。トリンドル玲奈、井出卓也、大野いと、間宮祥太朗、美山加恋、松井愛莉、小島藤子、小林涼子、徳山秀典らフレッシュな共演で、キス三昧、ちょっとエッチな物語を繰り広げる。

 この日は制服姿でずらりそろい闊歩。25歳の山本、31歳の徳山もまだまだ男子高生役で大丈夫。お台場合衆国の来場者らから黄色い歓声があがった。西内は「この夏はこのドラマを見てキュンキュンして!」と呼びかけていた。
 
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月│ 3月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月