閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

能年玲奈、新人賞受賞でレポーター殺到だじぇじぇ!しっかり受け答え

芸能エンタメニュース

最新記事

能年玲奈、新人賞受賞でレポーター殺到だじぇじぇ!しっかり受け答え

2014年02月07日

 昨年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で大ブレイクした女優の能年玲奈が6日、優れた映画やドラマを表彰する「2014年エランドール賞」の新人賞を受賞。都内ホテルで行われた授賞式後には、単独での“囲み取材”に応じた。リポーター殺到、無数のマイクを向けられ“じぇじぇ!”。「……圧倒されています」と後ずさりも、ゆっくりながらしっかりと受け答えした。

 今一番旬な20歳は、トロフィーを大切そうに抱え、目をきょろきょろさせながらフォトセッションでは天真爛漫にポーズも。囲みでは、サポートなしで自分の言葉で喜びを語った。「ファンの皆さんのおかげで素敵な賞をいただけた」とテレビの向こうに感謝を伝えた。

 「あまちゃん」で主人公・天野アキを演じ「一直線な感じ、まっすぐにしか歩けない感じがすごく素敵だなって。宮藤(官九郎)さんが提示したヒロインが素晴らしくて、私の中でもちょっと躊躇があったのが解き放たれた」と真摯に。また、劇中でアイドルグループを結成したのと自身が10代の頃にバンドを組んでいたのを重ね、「皆でひとつになれる。『あまちゃん』でもあんな風にやれてすごく楽しかった」と噛みしめた。
 
 授賞式では、アキ役になりきって特別賞を受賞した制作チームを祝福する場面も。共演の橋本愛、福士蒼汰、東出昌大も新人賞を受賞。さらに、宮本信子、小池徹平、皆川猿時が駆けつけ、さながら同窓会。能年は「『あまちゃん』大好き!」と笑顔満開だった。晴れ舞台に「一番のお気に入りを着てきた」というワンピースや指輪も目を惹いた。

 日本映画テレビプロデューサー協会の伝統あるエランドール賞。俳優を対象にした新人賞は、第1回(1956年)の故石原裕次郎さん、高倉健らをはじめ、過去37回そうそうたる顔ぶれが受賞してきた。第38回となった今年は、「あまちゃん」旋風が吹き荒れた。ほか、綾野剛、木村文乃が選ばれた。
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2021年

2月│ 3月│ 4月

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月