閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

シソンヌ狂喜!盟友との一騎打ち制しコント王 “女優”で映画出演の野望も

芸能エンタメニュース

最新記事

シソンヌ狂喜!盟友との一騎打ち制しコント王 “女優”で映画出演の野望も

2014年10月14日

 コント日本一決定戦「キングオブコント2014」の決勝戦が13日夜、東京・赤坂のTBSから全国に生中継され、エントリー2810組の頂点、七代目王者にコンビ結成9年目のシソンヌ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)が輝いた。初のファイナル進出、熟練の“狂喜”の芸で着実に笑いをさらった。今年から採用された一騎打ちルールで盟友チョコレートプラネットを破り、喜びひとしおで巨大トロフィーを掲げた。

 東野幸治、HKT48指原莉乃らのイチオシながら、これまで賞レースに縁のなかった36歳黒ぶちメガネコンビがやった。ツッコミ・長谷川忍とボケ・じろう、狂気漂うキャラクターコントが得意。トップバッターで迎えた決勝一回戦はラーメン屋の店員と客、最後の登場となったファイナルステージではタクシー運転手と女性客に扮し、実力を発揮した。「年齢的にラストイヤーだと思っていた。若い人にチャンスをあげたくなかった」と勝ち誇った。

 奇しくも、東京NSC同期で現在もユニットライブなどを行う仲のチョコレートプラネットと雌雄を決する形に。敗れたチョコレートプラネットの2人も、シソンヌの優勝を我が事のように喜んだ。ほか決勝をともに戦った、巨匠、ラバーガール、リンゴスター、バンビーノ、さらば青春の光、ラブレターズ、犬の光、アキナも勝者を称えた。
 
 栄冠をつかんだシソンヌ。長谷川は「優勝してから茨の道が待っている」と慎重に語り、じろうは対照的に「あまり先のことは考えない」と笑った。「二人三脚でいきたい」は共通の思い。その演技力を生かした活躍も期待され、長谷川は「呼んでいただけるなら、映画、ドラマなんでもやりたい。バラエティの方が難しい」と笑わせた。

 女装を披露したじろうは「女性として映画に出る野望がある。もの好きな監督が使ってくれたら」と呼びかけた。

 賞金1000万円で、じろうは“駄目な仲間たち”に好きなだけパチンコを打たせてあげるという。ファンをはじめ支えてくれた人すべてへ、長谷川は「見捨てないでくれてありがとうございました。これに甘んじず、仕事として返していきたい」と感謝とさらなる飛躍を誓った。

 7年目となったキングオブコントは、決勝が一騎打ち方式に代わり、3年連続ファイナリストのさらば青春の光がいきなり敗れ、また放送途中にCMに入るハプニングなど、よりエキサイティングな大会となった。MCはダウンタウン、審査は準決勝敗退芸人たちが務めた。
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月