閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

年間最優秀チーム!ラッキィ池田でも妖怪メダル「もらえない」

芸能エンタメニュース

最新記事

年間最優秀チーム!ラッキィ池田でも妖怪メダル「もらえない」

2014年11月20日

 大人気コンテンツ「妖怪ウォッチ」のプロジェクトチームが、「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2014」最優秀賞に輝いた。20日、都内で表彰式が行われ、生みの親の日野晃博レベルファイブ社長、「ようかい体操第一」の作詞・振付を手がけたラッキィ池田らがキャラクターと万歳。ラッキィは、品薄が続く“妖怪メダル”について「手に入れる裏ワザ? まったくない。うちらスタッフでももらえない」と笑った。

 小学生を中心に大人まで吹き荒れる“妖怪旋風”。ニンテンドー3DSゲーム、コミック、アニメなどクロスメディア展開が大当たりし社会現象化。玩具の妖怪メダルは争奪戦が続く。12月20日には、前売り鑑賞券販売枚数が東宝の新記録となった「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」の公開が控え、年末年始、来年もこの勢いは続きそう。

 日野氏が「ドラえもんのように長く愛される、普遍的なものを作りたかった」と企画し、流行語大賞にノミネートされるコンテンツに育ち「本当に嬉しい」。プロジェクトチームリーダーとして「あらゆるものが成功するのは珍しいパターン。会社を越えたチーム力が特別に強かった」と携わった全メンバーに感謝を込めた。
 
 ラッキィが手がけたアニメのエンディング曲「ようかい体操第一」は全国の小学生男子に大ブーム。「学校で踊ってもらおうと作って、学校から火がつき嬉しい」と満面の笑み。この日はファンを代表し子役の加藤憲史郎がプレゼンターとして登場、キャラクターの“ケータくん”“ジバニャン”もみんなで踊った。憲史郎は「友達に自慢したい」と喜んだ。

 チームは「妖怪ウォッチ」以前からの仲。日野氏は「悪ノリ仲間。子どもが集まって悪だくみしているみたい」と表現。ラッキィは「こんなに流行ると誰も思ってなかった」と言い、ヒットは「妖怪のせい」で「ずっと同じことをやってきただけ。たまたま、ラッキィです」と謙虚に語っていた。

 同アワードは、あらゆる業界からその年顕著な業績を残したチームを表彰するもので、昨年は「2020年東京オリンピック・パラリンピック招致チーム」が最優秀賞。今年は、「妖怪ウォッチ」プロジェクトチームの他、被災地支援ボランティアの「ふんばろう東日本支援プロジェクトチーム」、次世代車いすを開発した「WHILLプロジェクトチーム」が選出された。齋藤孝氏、おちまさと氏が審査員を務めた。
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月│ 3月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月