閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

田中麗奈“美しき罠”の餌食にも気負わず7年ぶり民放連ドラ

芸能エンタメニュース

最新記事

田中麗奈“美しき罠”の餌食にも気負わず7年ぶり民放連ドラ

2015年01月07日

 女優・田中麗奈が主演するTBS系連続ドラマ「美しき罠~残花繚乱~」(1月8日~木曜午後9時)の発表会見が6日、都内のスタジオで行われた。田中は民放連ドラに7年ぶり登板も「気負わずにお芝居に集中」と自然体。大人のキケンな愛憎劇、不倫をきっかけに“美しき罠”に翻弄されるOL役に挑戦することに対する反響を喜びつつ、特別な役作りはせず「苦しみながらもがいている状態をリアリティをもって伝えられたら」と意気込んだ。

 田中は、実年齢と同じ34歳の主人公りかを「ごくふつうの真面目な女性」と紹介した。村上弘明演じる20歳年上の既婚男性と純愛に落ちたことから綻びが生じる。若村麻由美演じる男性の妻に引き裂かれ、次々と悪意の的に。田中は「たくさんの人に罠をしかけられて……。(りかが)『自分だったら』『私の友達にいる』と身近に感じてほしい」と呼びかけた。

 かつてTBSのライバル局フジテレビで多数のヒット作を生んだ栗原美和子プロデューサーが「そんじょそこらのラブサスペンスとは違う」と予告。りかと敵対する人妻を怪演する若村は嬉々として「サスペンスの要因は私」と胸を張り、「回を増すごとに加速。最後までどうなっていくのか、ご期待以上のものになると思う」と魔性の笑みを浮かべた。

 身から出た錆とはいえ、平凡だったりかが周囲のエゴイストたちに巻き込まれていくのが見どころ。劇団EXILEの青柳翔演じる青年実業家とのお見合いなど、男女の様々な思惑が複雑に絡んだ罠を切り抜けた先に、真の幸せをつかみとれるか。田中にとって新境地のストーリーも、収録現場は平和のようで「スタッフ・キャストと協力して最後まで走れたら」と笑顔で語った。

 村上が「浮気はしっかりばれないよう脇をしめてやらないと!」と自身の役柄につっこんで笑いを誘えば、青柳は「このドラマに人生を賭けたい」と気合十分。他に三浦理恵子、高橋かおり、平泉成、池畑慎之介ら演技派がそろい「ヒロイン以外全員怪しい」(栗原P)雰囲気。矢継ぎ早に、続きを期待させる展開で視聴者を釘付けにする。

 岡部えつ氏の原作「残花繚乱」を、女性の性(さが)や業(ごう)を描くのに長けた脚本家・浅野妙子氏が巧みに仕立てた。元フジテレビのヒットメーカー光野道夫氏がTBSで初メガホンをとり、浅野氏と名作「Age,35 恋しくて」以来のタッグで新たなヒットを目指し、田中の大人の魅力を開拓する。
※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

関連画像

過去のタイトル一覧

2020年

1月│ 2月│ 3月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月