閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > エンタメ・トピックス >

【写真特集】第28回東京国際映画祭 レッドカーペット

エンタメ・トピックス

最新記事

【写真特集】第28回東京国際映画祭 レッドカーペット

2015年10月23日

第28回東京国際映画祭 レッドカーペット

 第28回東京国際映画祭が22日に開幕した。六本木ヒルズ・アリーナに全長130メートルのレッドカーペットが敷かれ、豪華ゲスト440人が続々と登場した。当日は報道陣:695人、場内観客:700人、場外観客:1200人が集まった。
開始時刻になると、ソフトバンクのロボット「ペッパー」の姿が。未来的な演出に会場が盛り上がる中、今年のナビゲーターを務める野村雅夫と季葉が登場。彼らの開会宣言によって映画祭の幕がきって落とされた。
 上映本数は205本。31日まで六本木ヒルズ、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ新宿ほかで実施される。


以下は、レッドカーペットに登場した主なゲスト。(登壇順、敬称略)


六本木ヒルズへ続く地下道、「第28回東京国際映画祭」のポスター群 修正.jpg 
六本木ヒルズへ続く地下道、「第28回東京国際映画祭」のポスター群

開幕宣言をするナビゲーターの季葉(左)、野村雅夫(右)、ソフトバンクのロボット「pepper」(中央)修正.jpg
開幕宣言をするナビゲーターの季葉(左)、野村雅夫(右)、ソフトバンクのロボット「pepper」(中央)

『サヨナラの代わりに』.jpg
特別招待作品『サヨナラの代わりに』の主演ヒラリー・スワンク

媚空.jpg
パノラマ部門『劇場版 媚空‐びくう‐』出演の秋元才加(右から3番目)

『ラスト・ナイツ』.jpg
パノラマ部門『ラスト・ナイツ』紀里谷和明監督(右)と出演の伊原剛志(左)

『ジョーのあした』.jpg
パノラマ部門『ジョーのあした』阪本順治監督(左)、辰吉丈一郎(中央)

『パディントン』.jpg
エスコートを受けるパディントン、パノラマ部門『パディントン』

『シーズンズ 2万年の地球旅行』.jpg
特別招待作品『シーズンズ 2万年の地球旅行』日本語ナレーションの木村文乃、笑福亭鶴瓶、中央はジャック・クルーゾ監督

『下衆の愛』.jpg
日本スプラッシュ部門『下衆の愛』出演のでんでん(左5番目)

パフュームドキュ.jpg
パノラマ部門のパフュームを扱うドキュメンタリー、佐渡岳利監督とパフュームの3人

『さようなら』.jpg
コンペ部門『さようなら』マイクを持つのは主演ブライアリー・ロング

『レイジー・ヘイジー・クレイジー』.jpg
アジアの未来部門『レイジー・ヘイジー・クレイジー』出演の蒼井そら(左)

『の・ようなもの のようなもの』.jpg
パノラマ部門『の・ようなもの のようなもの』、サインに応じる松山ケンイチ

『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』.jpg
『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』左から中村義洋監督、出演の竹内結子、橋本愛

『アデーレ 黄金の絵画』.jpg
コンペ部門『黄金のアデーレ 名画の帰還』主演ヘレン・ミレン

審査員.jpg
審査員チーム、マイクを持つのはブライアン・シンガー審査委員長

『FOUJITA』.jpg
コンペ部門『FOUJITA』左から井上和子(製作)、小栗康平監督、出演のオダギリジョー、中谷美紀、クローディー・オサール(製作)

『起終点駅 ターミナル』『ザ・ウォーク』.jpg
左からクロージング作品『起終点駅 ターミナル』篠原哲雄監督、出演の本田翼、佐藤浩市、オープンニング作品『ザ・ウォーク』ロバート・ゼメキス監督、ジャック・ラプキー製作






過去のタイトル一覧

2019年

2月│ 4月│ 5月│ 7月│ 8月│ 10月│ 11月

2018年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2016年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2015年

3月│ 4月│ 6月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 4月│ 6月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月

2008年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2007年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月

2006年

1月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月