閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > エンタメ・トピックス >

クローズアップ:ジャズの名盤をクラブDJ達を通じて若い世代に――

エンタメ・トピックス

最新記事

クローズアップ:ジャズの名盤をクラブDJ達を通じて若い世代に――

2007年01月23日
ジャズの名盤若い世代に、クラブDJらが選曲
 コンピCDなど年間通じて、コンスタントに発表
 東芝EMI、「ESSENTIAL BLUE」をスタート            東芝EMIは、新ジャズ・プロジェクト「ESSE
           NTIAL BLUE」を今年からスタート。ジャズの
           名門レーベル「ブルーノート」が発表してきた名
           盤を、これまでとは違う切り口で、クラブ・ジャズ
           以降の20~30代の若い世代に向けて発信して
           いくというもの。
            テーマを決めたコンピレーションCD、ブルーノ
           ートのアーティストのベスト盤、DJが選ぶ名盤
           の再発など、1年を通して定期的に作品をリリー
           スしていく。


         第1弾として、〝モダン・ラグジュアリー〟をテー
        マにしたコンピレーションCD(写真上)を1月24日
        に発売した。国内最大のアナログレコード店「DA
        NCE MUSIC RECORD」のバイヤーで、DJ、
        音楽評論家としても活躍する小川充氏(写真左)が
        選んだ13曲を収録。大人の遊び心をくすぐり上質
        な空間を演出する、洗練された作品に仕上がって
        いる。
               ◇  ◇  ◇  ◇  ◇
         ブルーノートは、1939年にNYで誕生した歴史
        あるジャズ専門レーベル。ファンの中心は40代
        ~60代と年齢層は高め。カタログ数が膨大で、
                            その中から自分にあった作品を選ぶのは難しく、
                            若い世代には取っ付きにくさがあった。クラブに通
        う若者にとって身近な存在であるDJにブルーノー
        トを紹介してもらうことで「敷居の高さを壊したかっ
        た」と同プロジェクトを担当する東芝EMI・ST3部
        の上口敦史氏は言う。
 


            小川氏が3月に2作目を発売する他、4・5月
           には、DJとしてクラブイベント「JAzztoronica
           !!」を主催する野崎良太氏(Jazztronik、写真
           右上)、7・8月には、日本国内から海外までワ
           ールドワイドに活躍するDJ須永辰緒氏(写真
           右下)による作品のリリースが決まっている。
           同プロジェクト第1弾の発売を記念し、1月20
           日午後8時から東京・渋谷のクラブ「The Roo
           m」でリリースパーティーを開催。ゲストに小川、
           野崎氏、DJ沖野修也(Kyoto Jazz Massiv
           e)氏を迎え、ブルーノートについて語るトークシ
           ョーとDJイベントを行った。
            上口氏は「コンスタンスに作品を発表すること
           で、『ESSENTIAL BLUE』シリーズを、若い
           世代に定着させたい。将来的には、バンドが出
           演し生で演奏する大きなイベントを実現できれ
           ば」と抱負を話している。


           ☆「ESSENTIAL BLUE」のホームページ☆
           http://www.toshiba-emi.co.jp/jazz/essential/

過去のタイトル一覧

2019年

2月│ 4月│ 5月│ 7月│ 8月│ 10月│ 11月

2018年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2016年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2015年

3月│ 4月│ 6月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 4月│ 6月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月

2008年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2007年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月

2006年

1月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月