閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > インタビュー >

演歌歌手大木綾子、デビュー10周年への思い

インタビュー

最新記事

演歌歌手大木綾子、デビュー10周年への思い

2012年11月08日

 今年デビュー10周年を迎えた演歌歌手大木綾子。かつて東京ディズニーランドでダンサーを務めていたという異色経歴の持ち主は、デビュー後も旺盛な好奇心のまま、浪曲師襲名、海外公演など活動の幅を広げてきた。最新シングル「花語り/通りゃんせ」(両A面、9月5日発売=フリーボード)に込めた思いとともに、今後の抱負を聞いた。


―デビュー10周年、おめでとうございます。

大木
 ありがとうございます。デビューの際に、まず10年は頑張るぞと誓ったのが昨日のことのようです。あっという間だったこの10年は “出会い” と “感謝” の連続でした。デビュー当時は、手漕ぎのボートで大海に出ていく気持ちでしたね。それが島をめぐるうちに少しずつ乗客(ファン)が増えていって、今はようやく船にエンジンがついたところでしょうか。 

―デビュー前は東京ディズニーランドで踊っていたそうですね


大木 演歌歌手になる前は、ミュージカル歌手を目指していたのです。ディズニーランドで踊りながら音楽学校に通っていて、そこで薦めていただいたのが演歌の道でした。とても無理だと思ったのですが、聴けば聴くほど面白くて。思えば、幼い頃に母に聞かせてもらっていた音楽の原点は演歌歌謡でした。

大木綾子コンサート.jpg―浪曲師の肩書も持ってらっしゃるそうですね。

大木
 演歌歌手としてもっと “言葉” を勉強したくて、デビュー後に先生につきました。04年に浪曲界11年ぶりの若手女流浪曲師として “浪花家綾歌” を襲名させていただきました。子供の頃からクラシック・バレエやダンスなどを習ってきて、体を使って伝えることは得意だったのですが、言葉で伝えるのはどちらかというと苦手にしてきましたから、本当に良い勉強になっています。

―07年発売の5枚目シングル「夢無錫」では中国に進出しました。

大木
 言葉は通じませんが、音楽を介して中国の方と通じ合うことができました。今年も3月に向こうに行って歌わせていただいたのですが、現地のニュースにも取り上げていただいて大盛況。すこしばかり有名人になってしまいました。こんな報告ができるのも、日本のファンの皆さんのお陰なんです。日本で皆さんのために頑張ろうとやってきたこと、同じ気持ちをそのまま向こうへ持っていったら、受け入れていただいたのですから。

―ニューシングル「花語り/通りゃんせ」が好評です。

大木 私にとってちょうど10枚目のシングルになります。創刊から63年もの歴史がある歌謡同人誌「こけし人形」(主宰:相馬詩彦)の700号を記念して、会員の先生方が大木綾子のためにと寄せていただいた約100通もの作品の中から、本当に本当に素敵な2曲をいただきました。
大木綾子ジャケ.jpg

 「花語り」(詩:高桑早苗/曲:神田智士/編曲:佐藤泰将)は、詩を読んでいるだけで思わず微笑んでしまうほど、恋する女性のピュアな気持ちを描いた明るく幸せな曲で従来の私のイメージに近い歌です。「通りゃんせ」(詩:末松節子/補作詞:相馬詩彦/曲:風見浩二/編曲:佐藤泰将)は、かなわぬ恋でも…という少し大人な女性の情感を捉えたこれまでの私にはなかった曲です。2曲を通じ、大木綾子らしさとともに未知の自分も引き出していただきました。

 デビュー当時から常々 “歌は語り” と教えられて丸10年です。それに増して、今回の2曲は、詩と曲を日々勉強されていらっしゃる先生方による作品ですから、いっそう詩のひと言ひと言まで大事に、旋律の隅々まで大切にと歌いました。日本語って本当に美しく奥深い。それをあらためて実感し、もっともっと豊かに表現できる歌手にならなければいけないと気持ちを新たにしました。

―10周年記念コンサートが間もなくです。

大木
 11月11日に、なんと台湾でコンサートを開かせていただきます。10周年記念で海外なんて余りある光栄です。しかもとても大きなホールを用意いただいたそうで緊張もしますが、日本の歌の素晴らしさを、世界に伝えられるよう張り切ってレッスンに励んでいます。その後、台湾のオーケストラに参加していただいて、12月に栃木県の鹿沼市民文化センター(12月13日)、長野県まつもと市民芸術館(12月14日)でもコンサートを行いますので、皆さん是非いらっしゃってください。

―今後の目標、夢を聞かせてください。

大木
 最終目標は、大木綾子という船を豪華客船にすること。歌手人生、まだまだいろんな波が来ると思うけれど、色んな方の力を借りながら乗り越えて、ひとりでも多くの方に元気、笑顔を与えられる歌手になれたらと思っています。そして一日でも早く、ファンの皆さんに恩返しがしたい。皆さんに大晦日のテレビで大木綾子の姿を見てもらえる日が来るのを夢見て、ずっとずっと好奇心旺盛に、邁進していきます。 

コンサート情報
「大木綾子・10周年コンサート」
11月11日(日) 台湾台北国軍文芸中心 音楽廊
12月13日(木) 日本 栃木県・鹿沼市民文化センター
12月14日(金) 日本 長野県・まつもと市民芸術館

▼出演情報
11月14日(水)NHKラジオ第1「きらめき歌謡ライブ」
(了)

過去のタイトル一覧

2019年

2月│ 7月

2018年

1月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 9月│ 11月

2017年

2月│ 4月│ 10月

2016年

2月│ 3月│ 5月│ 9月│ 11月

2015年

1月│ 2月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 12月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 4月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 12月

2008年

1月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2007年

2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 7月│ 8月│ 10月│ 11月│ 12月

2006年

4月│ 5月│ 6月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月