閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > エンタメ・トピックス >

トップインタビュー:岡田裕アルゴ・ピクチャーズ(株)代表取締役社長

エンタメ・トピックス

最新記事

トップインタビュー:岡田裕アルゴ・ピクチャーズ(株)代表取締役社長

2006年08月09日
「蒼き狼」、3ヵ月に及ぶ長期モンゴルロケの製作詳報
 カメラ5台、スタッフ総動員、「天と地と」遥かに超える
 “日本映画史上で最大規模”と岡田裕プロデューサー「蒼き狼」、3ヵ月に及ぶ長期モンゴルロケの製作詳報

カメラ5台、スタッフ総動員、「天と地と」遥かに超える
“日本映画史上で最大規模”と岡田裕プロデューサー

「男たちの大和/YAMATO」で復活を遂げた角川春樹氏が、新たに製作総指揮を務める歴史ロマン超大作「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」(澤井信一郎監督)の3ヵ月に及ぶ長期モンゴルロケも約3分の2を消化したが、一時帰国した岡田裕プロデューサーに製作状況を聞いた(7月末)。

作品は、モンゴルの英雄チンギス・ハーンの生涯を反町隆史主演で、製作費30億円という壮大なスケールで描く、モンゴル建国800周年を記念した初の日蒙合作映画。

――製作準備は約6ヵ月という異例のスピードで進められたそうですが、この規模の大作では考えられないことですよね。

春樹さんから要請があったのは昨年の12月でしたからね。でも、何とも運命的なものを感じました。それからというもの、今年がモンゴルの建国800 周年ということもあり、製作準備は通常では考えられないスピードで進められ、モンゴルのエンフバヤル大統領、エンフボルド首相ら政府要人との面会により蒙国民2万人の無償エキストラ動員、国を挙げての全面協力を取り付けていきました。本来ならば1年以上かけて準備する作品ですが、春樹さんの“カリスマ性” にモンゴル政府要人も圧倒された様子でした。

――スタッフも角川春樹復帰第2弾ということでトップレベルが集結したそうですが、脚本はいつ仕上がったのですか。

中島丈博と丸山昇一による脚本はクランクイン直前の5月中旬に完成という次第。スタッフ約150人の2班体制で、6月にインしました。シネマスコープでカメラ5台をフル回転し、助監督は『男たちの大和』のアクション監督が務めています。フィルムは、モンゴルの大平原の光の加減を考慮してイーストマンカラーを使用。素晴らしい映像が上がってきています。

――既に各メディアで伝えられた通り、先頃モンゴルの大平原で撮影された、2万人の現地エキストラを動員したハーンの戴冠式のシーンは、CG映像にはない迫力だったようですね。

このシーンのために、報道陣と出資者を乗せるジャンボ旅客機をチャーターしました。CG映像では表現できない、映画ならではのリアルな迫力を実際に感じてもらえたと思います。


| 1 | 2 | >  | >> 

過去のタイトル一覧

2019年

2月│ 4月│ 5月│ 7月│ 8月│ 10月│ 11月

2018年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2016年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2015年

3月│ 4月│ 6月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 4月│ 6月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月

2008年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2007年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月

2006年

1月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月