閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > 芸能エンタメニュース >

エイズ啓発!三浦春馬&佐藤健が熱唱 ゼブラクイーン白黒つけた

芸能エンタメニュース

最新記事

エイズ啓発!三浦春馬&佐藤健が熱唱 ゼブラクイーン白黒つけた

2010年12月02日

 世界エイズデーの12月1日、東京・日本武道館でイベント「Act Against AIDS(AAA)2010」が行われ、日本を代表するアーティストたちが約9000人にエイズ啓発を呼びかけた。

 歌手に混じり、俳優の三浦春馬と佐藤健も歌でエイズ撲滅をアピール。三浦は桑田佳祐の「白い恋人たち」、佐藤はサザンオールスターズの「いとしのエリー」をカバーした。イケメン2人の貴重な歌声に客席はうっとり。

 2人がカバーした桑田は、がん治療からの復帰を目指しリハビリ中。それでも、Tシャツ制作という形で「AAA」に参加。自筆の絵とメッセージを書き下ろした。この売り上げは、エイズ啓発パンフレットが制作され、全国の学校などに配布される。

 映画「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」の悪役ゼブラクイーン(仲里依紗)も、この日ばかりは正義の味方。同映画の主題歌「NAMIDA~ココロアバイテ~」と挿入歌「ゼブラクイーンのテーマ」を熱唱し、エイズにしっかり“白黒つけた”。

 「AAA」は、エイズに対してより多くの人に興味を持ってもらうため、1993年から毎年12月1日に武道館をはじめ全国各地で行われている。

 武道館でのイベントは、俳優・岸谷五朗と寺脇康文らが中心となり企画。今年は「感謝まつり THE VARIETY ジュワッチ!(18)」と題され、ポルノグラフィティ、Perfume、サンプラザ中野くん、パッパラー河合、キマグレン、FLOW、吉高由里子、つるの剛士らが豪華共演を果たした。

 18回目の開催も課題はまだたくさん。岸谷は「これからも義務としてやっていかなきゃ」、寺脇は「できることからやっていこう」と力を込めていた。

※記事は取材時の情報に基づいて執筆したもので、現在では異なる場合があります。

過去のタイトル一覧

2019年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月

2018年

3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

2月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月

2016年

9月│ 12月

2015年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月