閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > インタビュー >

IMJエンタテインメント、久保田修社長に聞く!

インタビュー

最新記事

IMJエンタテインメント、久保田修社長に聞く!

2011年06月03日

「C&Iエンタテインメント(株)」に社名変更し事業を継続
  親和性の高いCCCは、今後の成長により適したパートナー


  「黄泉がえり」、「ジョゼと虎と魚たち」、「NANA」など、数々のヒット作の制作を手掛けてきた㈱IMJエンタテインメント(IMJE)が、「C&Iエンタテインメント㈱」(C&I)と社名を変更する。
 これは㈱アイ・エム・ジェイ(IMJ)がIMJE株式の4867株を、カルチュア・コンビニエンス・クラブ㈱(CCC)へ譲渡(5/31)したことによるもので、IMJEはCCCの子会社となり、新たなスタートを切る。
 C&I代表取締役社長就任予定で、久保田修名義で映画プロデューサーとして活躍する内藤修氏に、今回の経緯や今後の展開などについて話を聞いた―。
(インタビュー:和田隆)


 ―CCCの傘下となることの大きな要因はなんだったのでしょう。

KBT_01.jpg久保田
 03年の設立から8年、IMJグループと連携し、相乗効果を生み出すべく営業活動をしてきたのですが、特にここ数年は事業シナジーが見出せずにいました。そんな中で、IMJグループの今後の戦略として、主力事業であるデジタルマーケティング事業へ注力していくことになり、当社の今後の成長により適したパートナー企業であると判断したCCCへの株式譲渡に至りました。
 元々、IMJの株主であったCCCとは関係が深く、TSUTAYAのフランチャイズ展開を行うなど、国内最大級のエンタテインメント・コンテンツ流通企業として、長年の経験と実績を有している同社とは親和性が高かったことが大きいと思います。


“キアロスクーロ”名に戻り2レーベル維持

 
―今後、CCCが映像事業を改めて強化していくということなのですか。

久保田
 その辺の展開については今後話し合っていくことだと思います。当社としては、当面は大株主が変わるだけで、事業展開としてはこれまでと変わりません。社名が変わり、これまでのIMJEというレーベル名を以前使用していた「キアロスクーロ」に戻しますが、もう一つのレーベル、STUDIO SWANとの2レーベルを維持し、㈱ダブと08年に設立した制作会社「㈱スモーク」も子会社として継続していきます。
 経営陣としては現状の私、STUDIO SWANを率いる松橋真三、IMJの堀口雄二(非常勤)に加え、CCCから4名が取締役(非常勤)として就任する予定です。なお、社名及び新経営陣については、6月下旬に開催する株主総会にて決議される予定です。

 ―ここ数年の経営成績をみると、赤字,黒字の繰り返しとなっていますが、最近の苦しい状況に加え、今秋公開予定だった戦国エンタテインメント超大作「のぼうの城」の公開延期も影響したのでしょうか。

 久保田
 以前のような大ヒット作に恵まれなかったというのは大きいですね。メジャー系作品、ミニシアター系の作品とも以前はしっかりと儲けを出していたのですが、ここ数年は、特にミニシアター系のマーケットが消失してしまったように思います。
 前期の受託制作事業は概ね順調に推移したのですが、昨年4月、5月に劇場公開した作品の興収が振るわず、出資ロイヤリティ収入、配収が計画を下回ってしまいました。
 もちろん市場の変化だけが要因ではなく、改めて企画開発、作品作りについても考え直さなければならない時期に来ているということではないでしょうか。「のぼうの城」の公開延期は致し方ありませんが、非常に素晴らしい仕上がりになってきていますので、犬童一心監督、樋口真嗣監督の代表作として、来年秋に胸を張って公開できると思います。


配給事業からは撤退

 ―配給事業は今後も継続していくのですか。

久保田
 配給・宣伝会社のマジックアワーへの出資分は10%残っていますが、年内を目途に自社の配給事業からは撤退する方向です。その他のドラマ、バラエティ、ミュージックビデオ、CM、オリジナルDVDの各プロデュース、映像クリエイターのエージェントといった業務は継続してやっていきます。

―新作の制作予定は。

久保田
 タイトルはまだ発表できないのですが、キアロスクーロレーベルで、TBSさん幹事作品を近く1本クランクイン予定です。STUDIO SWANレーベルでは6月4日に「パラダイス・キス」(配給:ワーナー・ブラザース映画)が公開されましたが、今夏に大作を制作予定となっています。                                        (了)



◆会社概要
社名 株式会社IMJエンタテインメント
設立 2003年4月1日
資本金 3億0390万5000円(2011年5月末現在)
役員 代表取締役社長:内藤修(久保田修)
   取締役:松橋真三
   取締役:堀口雄二
   監査役:柳象二郎
従業員数 8名(2011年5月末現在)
事業内容 映画・PV・TV-CM等映像の企画・制作・配給及びクリエイターのエージェント業務
所在地 〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-6-28 住友不動産青葉台タワー2F



◆沿革
2000年 10月 株式会社アイ・エム・ジェイに映像事業部が新設
2001年 1月 組織形態移行に伴いエンタテインメント事業本部を新設
2003年 4月 エンタテインメント事業本部を分社化、(株)IMJエンタテインメントが設立
2005年 4月 連結子会社となる(株)STUDIO SWANを設立
2006年 1月 (株)モバイル&ゲームスタジオの株式を取得
2008年 1月 (株)スモークへ出資を行い、連結子会社化
2008年 2月 (株)STUDIO SWANを吸収合併
2009年 3月 (株)モバイル&ゲームスタジオの株式を売却
2009年 4月 (株)マジックアワーへ出資を行い、連結子会社化
2010年 3月 (株)マジックアワーの株式を一部残し売却



◆トピック
2003年 1月 『黄泉がえり』公開。興収30億円の大ヒットとなる。
2003年12月  『ジョゼと虎と魚たち』公開。ロングランヒットとなり、久保田が藤本賞特別賞を受賞。
2005年  8月 『メゾン・ド・ヒミコ』公開。監督の犬童一心が文部科学大臣賞を受賞。
2005年  9月 『NANA』公開。興収40億円の大ヒットとなる。また中島美嘉の主題歌、伊藤由奈の挿入歌がオリコン1位、2位を獲得。
2006年 10月 『ただ、君を愛してる』公開。東映配給のラブストーリーとしては異例の興収8億円のヒット。
2009年  7月 『MW-ムウ-』公開。日本テレビとの初の共同製作作品
2010年 4月 『ソラニン』『半分の月がのぼる空』『武士道シックスティーン』『ダーリンは外国人』の4作品が同月公開。
2011年 6月 ワーナーブラザーズとの初の共同製作作品『パラダイスキス』公開。
2012年    製作費10億円超の戦国大作『のぼうの城』が秋に公開予定。


IMJエンタテインメントのホームページはこちら



過去のタイトル一覧

2019年

2月

2018年

1月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 9月│ 11月

2017年

2月│ 4月│ 10月

2016年

2月│ 3月│ 5月│ 9月│ 11月

2015年

1月│ 2月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 12月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2013年

2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

1月│ 2月│ 4月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 3月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 12月

2008年

1月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2007年

2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 7月│ 8月│ 10月│ 11月│ 12月

2006年

4月│ 5月│ 6月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月