閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > エンタメ・トピックス >

レポート:第7回エンターテインメント・エキスポ香港

エンタメ・トピックス

最新記事

レポート:第7回エンターテインメント・エキスポ香港

2011年04月18日

(ページ 5/6)

★写真特集:フェスティバル

「香港/アジア ポップ・ミュージック・フェスティバル」

P1160493.jpg

 3月23日夜、「香港/アジア ポップ・ミュージック・フェスティバル」が盛大に開催された。AAA、熊谷育美の日本勢は東日本大震災の影響で不参加となったが、アジアの各国の新星がその実力を披露し、韓国の人気男性グループ、スーパージュニアMにはひと際黄色い声援が飛び、香港でもその人気を見せつけた。

P1160502.jpg
フェスティバル開催前に、東日本大震災の影響で不参加となった熊谷のビデオレターが上映され、被災地の状況や熊谷の心境に対して会場からはあたたかな拍手が送られた。

開会式.jpg
香港/アジア ポップ・ミュージック・フェスティバル組織委員会のNG YUチェアマン(左から2人目)らが開会セレモニーを行ってスタート。

P1160517.jpg
若手アーティストたちがオープニング・ソングを歌い、参加アーティストたちが次々と登場。

P1160527.jpg
そして、スーパージュニアM(写真後列)が登場すると会場はひと際大きな歓声に包まれた。

参加アーティストは他に、中国のBibi Chou、台湾のLOLLIPOP F、シンガポールのJJ Lin、マレーシアのFish Leong、香港のJoey Yung。
女性1.jpg 3人.jpg

男性1.jpg 女性2.jpg 男性2.jpg

bunkface.jpg 女性3.jpg

女性4.jpg the Boss.jpg

途中経過.jpg
スーパー新人大賞候補として、中国のWu Qiong、台湾のSIGMA、韓国のThe Boss、シンガポールのKewei Tay、マレーシアのBunkface、香港のウィリアム・チェンがパフォーマンス。

ロリポップF.jpg

スーパージュニアM2.jpg
再びスーパージュニアMが登場すると会場のヴォルテージは最高潮に!

スーパージュニアM3.jpg

スーパージュニアM4.jpg
会場全体が総立ちとなり、女性ファンたちからこの日一番の声援が飛んだ。

結果発表.jpg
「アジア・ネクスト・スーパー・ノヴァ・コンペティション」の結果発表・・・

大賞.jpg
アジアのスーパー新人大賞には、抜群の歌唱力でパフォーマンスした中国のWu Qiongが輝いた。

ラスト.jpg
ラストは、参加アーティストがステージ上に再集結し、会場を埋め尽くしたファンの歓声に応え、3時間のフェスティバルは終了した。

※香港貿易発展局による「香港フィルマート」公式レポートを6ページ目に追加しました。


過去のタイトル一覧

2021年

2月│ 3月

2020年

10月│ 11月│ 12月

2019年

2月│ 4月│ 5月│ 7月│ 8月│ 10月│ 11月

2018年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2016年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2015年

3月│ 4月│ 6月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 4月│ 6月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月

2008年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2007年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月

2006年

1月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月