閲覧中のページ:トップ > 文化通信バラエティ > エンタメ・トピックス >

レポート:TOKYO FM「あ、安部礼司」ウェディングパーティー

エンタメ・トピックス

最新記事

レポート:TOKYO FM「あ、安部礼司」ウェディングパーティー

2009年03月12日
前代未聞!?ラジオドラマの番組イベント
 主人公の結婚式をリスナーとともに開催
 大物アーティストも駆けつけ会場は熱狂!
(ページ1/3)

前代未聞!?ラジオドラマの番組イベント
 主人公の結婚式をリスナーとともに開催
 大物アーティストも駆けつけ会場は熱狂!
 
 “安部礼司”(あべ・れいじ)という男をご存知だろうか。彼は毎週日曜日の黄昏時という多くの人が憂鬱になりがちな時間帯に、ラジオの前の30代男性・女性から、今最も注目を浴びている人物である。
 
 TOKYO FMをキーステーションにJFN系列全国37局ネットで毎週日曜17時~55分に放送している「NISSAN あ、安部礼司~beyond the average~」は、ごく平均的な37歳のサラリーマン“安部礼司”が、社会の荒波に揉まれながら成長していく日常の一場面を描くコメディドラマ。今の30代がツボと感じる1980年代を中心とした選曲(今さらツボな選曲、略して“今ツボ”)とともにストーリーが進行するスタイルに、全国のリスナーより多くの共感が寄せられ、2006年4月のスタート直後からカルト的な人気を集めている。
 08年12月度の聴取率調査では、土日を通じた毎60分聴取率において、20~34歳男女でトップを獲得。また、公式ホームページから、スポンサーである日産自動車のエンターテイメントサイト「N-Link」への誘導率が非常に高く、日産から高評価を受けるなどクロスメディアとしても成功し、TOKYO FMを代表するコンテンツに成長した。

 そんな安部礼司は、07年12月24日に交際を始めたエビちゃん系OL・倉橋優と、昨年8月31日に“できちゃった結婚”。そこで09年3月8日、「人前結婚式&披露宴」として、東京・渋谷C.C.Lemonホールで、リスナー2,000人が参加するイベント「NISSAN あ、安部礼司 ウェディングパーティー~本気でオンリー優~」を開催した。
 ラジオドラマの番組イベント自体行われることも珍しいが、このイベントは番組初の有料チケットイベントとして実施。全席指定で先行予約は電話がつながりにくくなる程申し込みが殺到し、1,200枚が即完売。ネットオークションでは、4,200円のチケットが20,000円を超える高値を付けるなど、番組人気の凄まじさを見せつけた。

 今回の「エンタメ・トピックス」では、この前代未聞のイベントの模様をレポートする。 

 (一部を除き、画像はクリックすると別ウィンドウで拡大します)




 「結婚式」ということで、ウェディングカードも配布された。
 


 
 会場前には記帳台を設置。何とかお祝いしようと、入場できないリスナーも駆けつけ、1,800人が記帳した。開場前にも関わらず、記帳台とグッズ先行販売のために並ぶ長蛇の列ができた。


 (株)エフエム東京執行役員
 村上正光編成制作局長も「礼服」で出席。

 


 開場後も行列は留まることを知らず、1階のグッズ販売ブースから2階まで列を成した。脚本担当の北阪昌人先生サイン会も開催。
  


 イベント開始前から売り切れ商品が続出。イベント翌日9日からは、TOKYO FMのショッピングサイトShops.Love安部礼司オフィシャルショップがオープン。

 日産「新型CUBE」の販促イベントにも
人だかりができた。




 レギュラー放送が始まる17時からは、番組の“パブリック・リスニング”を実施。番組開始と共に拍手が巻き起こった。


 
 また、特別仕様のスポーツ新聞を配布。来場者は番組を聴きながら真剣に見入った。

 

 

 トップ記事はもちろん「安部くん倉橋さん めでたく!ゴールイ~ン」。

 裏面は日産CUBEからの全面お祝い広告。
  


 そして先ほどまでの開場ロビーの長蛇の列は、放送開始とともに一瞬にして消えた。
  



 


 18時、いよいよイベントスタート!・・・と思いきや、次番組「平原綾香のヒーリング・ヴィーナス」の放送がそのまま流れる。いつになったら始まるのか、と会場が蠢きだすと、平原が安部礼司にお祝いコメントを披露し、会場を驚かせた(但し、これはOAでなく、会場用の別録り素材)。



(ページ1/3)


過去のタイトル一覧

2022年

3月│ 5月│ 7月│ 8月

2021年

2月│ 3月│ 10月

2020年

10月│ 11月│ 12月

2019年

2月│ 4月│ 5月│ 7月│ 8月│ 10月│ 11月

2018年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2017年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2016年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2015年

3月│ 4月│ 6月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2014年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月

2013年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2012年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2011年

2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2010年

1月│ 2月│ 4月│ 6月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2009年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月

2008年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月

2007年

1月│ 2月│ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月

2006年

1月│ 7月│ 8月│ 9月│ 10月│ 11月│ 12月